一人で映画館より

最近よく、一人で映画館に行くようになりました。ええ、一人でです。
別に興味がない映画でも、映画館でみるとなんだか楽しめますよね。その理由って、音響と大画面にあるのではないか、と思うんです。

だからもし、あの設備を自宅に置くことができれば、一人で寂しく映画館に行く必要もなくなるのではないか、とそう思いまして。
音響を揃えるにはかなりのお金がかかるので、まずはプロジェクターと、大画面スクリーンから用意してみようではないか、と考え、購入を検討中なのです。

プロジェクターとスクリーンと言うと、私は映画よりも、学校の授業を思い出してしまうことがしばしばです。
部屋を暗くして、プロジェクターで投影した映像をスクリーンに映し出す。そんな授業ってありましたよね。
会社のプレゼンなんかでも時折使いますが、これなんかも、原理的には映画館と同じようなものだと思うんです。

さすがに自宅に映画館ほどの大きさの部屋はないため、かなり規模は下がりますが、それでも大画面テレビなんかよりもはるかに大迫力で映像が見られることを思うと、ちょっとわくわくしますよね。
大型テレビでも、大きさはせいぜい60インチといったところ。それに比べて、壁一面に張り巡らせるスクリーンは、まさに「壁一面」の大きさです。
やっぱり迫力が全然違います。自宅で映画館並の大迫力の映像を楽しみたいと思ったら、大型テレビよりもプロジェクターとスクリーン。これで決まりです。

映像制作したものを実際にプロジェクターやスクリーンを使って見ることで、映像制作の出来を確かめることも可能です。
会社で必要な映像制作やデザイナーに必要なデザイン確認等を円滑に行うことができます。
レッツ映像制作!

OUT LINK

クオリティの高い映像制作を依頼するならこちらへ:株式会社パワー・アイ